様々な役を演じる

矢口敏和さんは、1992年2月9日生まれの鹿児島県出身の話題の若手イケメン俳優です。好きな食べ物は焼肉やお寿司、甘いものだそうですが、その中でチョコレートが1番だそうです。
矢口敏和さんはムードメーカーとしてみんなを引っ張っていく性格の持ち主だそうで、きっと面倒見のいい性格なんですね。初舞台でデビューを飾った矢口敏和さんは、緊張する中、お客さんに楽しんでもらうことが一番だというコメントをされています。

矢口敏和さんは瞳の色が茶色を通り越して黄色っぽいくらいで、カラコンしてるのと初対面の人によく聞かれるそうです。コンタクトはしてるけれどもカラーではないということをおっしゃられています。
また、好きな女性のファッションについては、似合ってればどんなファッションでもいいということで、しいて言えばニット帽が似合う人がタイプということのようですね。

矢口敏和さんは22歳で鹿児島から上京し、ある捜査官ドラマで俳優としてデビューされ、それから人気がでました。その後は、人気アニメをミュージカルにした舞台で2015年に舞台デビューされ、
ドタバタなストーリーが楽しいテレビアニメシリーズの劇中で、矢口敏和さんは一生懸命歌やダンスを披露されています。その後のインタビューでは、矢口敏和さんは、緊張すると思っていたけれど、楽しくできてうれしいというコメントをされています。
矢口敏和さんはデビューしてまだ間もないうちに世界遺産登録20周年記念の国宝嚴島神社で行われたミュージカルスペシャルイベントへも出演され、今後もますますご活躍されていかれそうですね
子ども時代は、食べることや走ることが大好きだったという矢口敏和さんはとても元気のいい子どもだったんでしょう。大きくなっても体をしっかりと鍛えられて、身長183cmとかなりの高身長を活かした迫力のある演技を披露されています。

個性豊かで謎の多いニトロ設定役がピタリとはまる矢口敏和さんは個性的なイケメン俳優として注目されています。野球が特技の矢口敏和さんは律儀な性格で、舞台などの様子やファンに対するメッセージなど、ブログなどの更新もよくされておられます。
自身も舞台を楽しんでいきたいという思いをもって舞台に挑戦され、出演する度に注目度が高くなっている1992生まれのみずがめ座、O型の話題の俳優です。
これからもたくさんの舞台に挑戦されて、観客を楽しませる演技や感動させる演技など、お芝居を演じる役柄の幅や演技に深みなどがだせる俳優になってほしいですね。