矢口敏和さんの幼少期

矢口敏和さんは小さいころから寝ること、食べること、走ることが大好きだったそうです。趣味は映画鑑賞。ということで、毎週日曜日に放映されるあるアニメが大好きで、その作品は、翌週からの元気の源であり、 生活の原動力だったと述べられています。
矢口敏和さんは元気いっぱいの少年時代を過ごされたんですね。

今でも矢口敏和さんは、オフの日は映画館で一日中作品を鑑賞されるということで、映画を立て続けに3本目くらい観おわる頃にはさすがに腰が痛くなるとコメントされています。矢口敏和さんの映画鑑賞好きは子供時代からの趣味なんですね。
矢口敏和さんは鹿児島県出身の配収で、デビューは2014年と、わりと最近です。矢口敏和さんは身長183cmとかなりの高身長で、そのスタイルのよさにも注目が集まっています。しっかりとトレーニングを積んで鍛えられた体をされているそうです。
矢口敏和さんの特技は野球だそうです。学生時代は野球部などに所属されてしっかりと練習に励まれたのではないでしょうか。

最近、矢口敏和さんが出演されたある育成シュミレーションゲームのミュージカル舞台では、矢口敏和さんはムードメーカーとしてみんなを引っ張ってくれる存在だったということなのです。チームを大切にするというのは野球プレーからきているのでしょうか、
矢口敏和さんはしっかりと自身の役割を果たそうと頑張っている姿が好印象の運動部系の性格の持ち主でもあるんですね。
また、矢口敏和さんは子どもの頃から注射が嫌いだったということです。それで、受けずにすむものならできるだけ注射を受けずにすむようにずっと避けてこられたそうです。ところが、芸能界デビューして予防接種受けようと思って病院に行ったところ、
全然痛くなかったそうで、とても感動され、医療の進化とこの感動を注射嫌いな子どもたちに伝えて行きたいという思いをもたれたそうです。

幼い頃から大好きだった映画やドラマの舞台に立てるようになった今、子ども時代に経験したことなどを多くの人に伝えていかれる立場になられました。一つ一つの舞台やドラマなどを大事にしながら経験を重ねていくことで、
これからたくさんの素敵な作品に出会って、たくさんの方々に出会いたいとあるインタビューで抱負を語られています。一つ一つの現場で挑戦することを恐れず、様々なことを学びながら吸収して成長していき、
お芝居をいつまでも貪欲に追求していきたいという思いを語られています。矢口敏和さんは今後ますます注目される俳優になって、皆に夢や希望を伝えて行ってほしいですね。