矢口敏和さんの性格・特徴・私生活について知ろう

矢口敏和さんは静岡県磐田市という町で育ちました。矢口敏和さんの性格はめったに怒らないのんびり屋だと自身でコメントしています。
しかし、上京して東京に来た時にはみんな忙しくしていて、そのうちすっかりと歩くのが早くなったというそうです。自身は本当にマイペースだと分析しています。

でも、学生時代、本気でプロ野球選手になることを決意していた矢口敏和さんは、プロ野球選手になることしか考えていなかったということで、プロ野球のチームの一員になっている姿を想像しながら練習されていたそうです。
矢口敏和さんは、高校3年生の時に野球部のキャプテンを務められていたので、夢を実現しようという熱意だけでなく、野球の名門校の興誠高等学校の監督からキャプテンを任されるくらい信頼される責任感のある人だったんですね。

野球部といえば朝練で一日が始まって、夕日が沈むころまで部活動に励むといったイメージがありますが、矢口敏和さんは厳しい練習に一つ一つ取り組むという忍耐強い性格なんでしょうね。野球ではチーププレーが重視されます。
矢口敏和さんはみんなで支えあうという精神を基本にもっている、責任感のある性格の人なんですね。
矢口敏和さんの趣味は料理、サーフィン、そしてスポーツ全般ということで、特技は野球と乗馬だそうです。

スポーツ全般がこなせるということで運動神経もいい人なんですね。やはり野球をやっていたこともあって、運動センスも高い人なんですね。
矢口敏和さんは甲子園を目指した試合が終わった後、負けてしまった悔しさを思い切り泣いて解消し、次の日には不思議と野球選手になるという夢が自然になくなったとコメントされています。甲子園を目指し、
一生懸命毎日毎日練習を重ねて努力することは全て努力したから、その結果を素直に受け入れることができたのではないでしょうか。その後、矢口敏和さんは、芸能界に入ることを決意します。それは、一人でも多くの人が矢口敏和さんを見て、笑ったり、
勇気づけられたりしてくれればいいと考えたからということです。自身がやりたいことを考えた時、表現者として存在したいという思いをもたれ、そのためには芸能界が一番近いと考えられたということです。

矢口敏和さんは芸能界に入った後、様々な番組などで活躍されました。そして、事務所を独立され、自分の時間をとって充実期間を設けたいということで、テレビではなく舞台で役者を続けてこられているということです。
また近い将来、TVドラマなどで矢口敏和さんの姿を見かけることができるかもしれませんね。