映像制作について

私たちが、いつもカメラ越しに見ている数々の芸能人たち。

しかし、そこにはまったく映っていない、それ以上のとても数多くのスタッフたちによってその作品は支えられてているのです。
こういった映像制作は、ほとんどの場合、テレビ局などのクライアントが企画を立てて、その制作が下請けに発注されるというパターンになっています。

その間に、広告代理店やマーケティング会社が入ったり、さらに複数のプロダクションが下請けをすることもよくあります。
テレビ番組以外にも、映画やCM、プロモーションビデオやDVD作品といったさまざまな映像作品が手がけられています。

では、映像制作にはどのようなスタッフが関わっているのでしょうか。
まずは、プロデューサーが作品全体のイメージや方向性を決めて、企画を取りまとめ、スポンサーや出演者との交渉を行います。

この企画を受けて、実際に作品を制作するのが演出スタッフです。
それが、ディレクターや監督の仕事です。役者への演出から撮影まで、作品の全体的な指示を出します。プロデューサーが兼ねることもよくあります。

このような演出スタッフになるには、まずはアシスタントディレクターやアシスタントプロデューサーになって、雑用やスケジュール調整、取材先との交渉といった下積みを行わなければいけません。
その後、チーフADとして現場を切り回し、撮影や編集について学んでいくことになります。

これ以外では、実際に作品がどのようなストーリーで動くのか、台本を書く構成作家。そして、多くの関係者に連絡や段取りを行う制作デスクなどがいます。
このような制作、演出スタッフにくわえて、撮影を担当するのが技術スタッフです。

カメラマンは、ディレクターの指示にしたがって撮影をします。ディレクターの意図をしっかり形にする役割なので、大きく作品を左右する存在です。
生放送などでは、複数台あるカメラを切り替える、スイッチャーの役割も重要になってきます。

照明は、スタジオや屋外で、映像が見栄えするようにライトを調節します。色や光について、優れたセンスが必要です。
音響は、現場での音をしっかり拾うために、マイクの調整などを行います。

MAミキサーは、編集された映像にナレーションや効果音などを付け足して、作品として音声の仕上げをします。
このような技術スタッフも、はじめのうちは機材の準備などでアシスタントとしての下積みをしなければいけません。

ほかにも、背景美術を担当する美術や、CG制作、そしてヘアメイクやスタイリストなど、とても数多くのスタッフの力によって、映像作品は私たちのもとに届けられているのです。

 

■参考動画

映像制作の裏側

 

スタッフへのインタビュー