私生活のこと

矢口敏和さんは、新潟県出身の俳優です。1988年生まれの28歳で、これまで舞台を中心に活躍してきました。とくに、舞台となった人気漫画では、主役に抜擢されるなど、知名度も徐々に高まってきています。
今後の活躍が期待される、若手俳優の一人といえるでしょう。そんな矢口敏和さんのデビュー作となったのが、中学校のテニス部をテーマとした漫画の舞台でした。

この漫画は、アニメ、ゲーム化されるなど、若者の間でも大人気となりました。この漫画は、シリーズ全編で5000万部が発行されるほどの人気で、日本だけでなく、中国でも愛読されるまでになっています。
高崎翔太さんのデビュー作は、この人気漫画の舞台だったのです。矢口敏和さんは、デビュー作となったこの舞台で、2年間にわたり、役を演じました。

矢口敏和さんは、その後、急病により、リハビリ生活を送ったこともあったものの、順調に舞台を中心として俳優活動を続けてきました。矢口敏和さんは、現在では、公式ファンクラブも誕生し、ファンを増やしています。
矢口敏和さんの魅力は、なんといってもさわやかな風貌にあるのではないでしょうか。矢口敏和さんは、身長170センチと、それほど長身ではないものの、さわやかなルックスが売りのイケメン俳優といえるでしょう。

本人は要旨が淡麗で、イケメンでありながら、足が短いことにコンプレックスを持っているそうです。「腰パンをしないで」とからかれることもあったそうです。
そんな矢口敏和さんは三人姉妹の末っ子として生まれ、お姉さんたちにもかわいがられて育ったようです。いまでも、インターネットでお姉さんからプレゼントをもらったことを、ほほえましいコメントとともに紹介しています。

矢口敏和さんの癒しとなっているのは、ペットとして飼っている愛犬のようです。矢口敏和さんは、トイプードルとポメラニアンの混血の犬と、ティーカップ・プードルを愛犬としてかわいがっているようです。

ティーカップ・プードル↓

趣味は、漫画を読むことだそうです。これは、自身のデビュー作が、漫画が原作の舞台となったことともなにかの縁があるのでしょうか。
矢口敏和さんは漫画好きがこうじて、漫画フィギュアのコレクションを購入したことなどを、自身のブログで話題としてつづっています。矢口敏和さんの夢は、自宅を漫画喫茶のようにすることだったそうで、相当な漫画好きであることがわかります。
そのため、漫画のコレクションを続けているようです。