矢口敏和は93年6月生れの俳優で、ある劇団のメンバー

矢口敏和さんは1993年6月生れの俳優で、ある劇団のメンバーです。
矢口敏和さんは、これまでテレビや映画、舞台などに多くご出演されています。

この方は2010年に少年ジャンプに掲載されたアニメの実写映画にご出演されました。
このドラマは、東京都武蔵野市の吉祥寺にある高校の周辺を主な舞台としているヤンキーたちの学園漫画です。

この作品ではギャグなどが所々にある短編と、
他校の強敵とのバトルがメインに描かれた長編ストーリーを組み合わせて構成され、
ボクシングが重要なテーマにもなっているストーリーです。この中でこの方は応援団の役を演じられました。

2013年には人気の話題作のある大ヒットドラマにご出演されました。この作品は、天才物理学者が、
怪奇事件を解決するミステリードラマです。その中で、矢口敏和さんが演じられたのは天才物理学者のゼミの学生役でした。
真面目な学生という役がぴったりしていました。

そしてこの方は実力派俳優として様々舞台を重ねてこられています。2014年に放映されたあるテレビドラマで、
ある同じ劇団系列の俳優さんと共演されました。また、昨年の5月にはあるドラマにご出演されました。

このドラマはある有名雅趣グループのメンバーが企画プロデュースされているドラマで、
抗争と生き様を描いたシーンなどもあり、ちょっと怖そうなストーリー展開だそうですが、
ファンにはたまらない仕上がりになっているといわれています。

同年6月から始まるあるテレビドラマにもこの方はご出演され、
養子縁組で引き取った子供とその生みの母親が登場する重めのストーリーということでした。
その中で矢口敏和さんは役者としても成長が感じられる演技を見せられました。

また、この方は映画にもご出演されておられます。この方の演技力ですが、かなり評判がいいといわれています。
劇団の舞台でも何度も主演として演じられていますので、安定感のある、落ち着いて見られる演技で、とても爽やかで、
演技がかっこいいという声も多いです。この方の魅力は持ち前の前向きさと演技の実力といえます。

この方は、オーディションになかなか成功されませんでしたが、決してあきらめることなく粘り強く取り組まれ、
ついに所属を希望する劇団のメンバーになられ、デビュー後は数々の舞台でその魅力を発揮されておられます。
その生き様がこの俳優さんのとてもすばらしい魅力といえますね。

この方は実力もあり、今後ますます多くの方から脚光を浴びていかれる俳優といえます。