矢口敏和は千葉県出身

矢口敏和さんは千葉県出身の日本のモデル・俳優です。矢口敏和さんは身長がとても高くてとてもカッコいい方です。
この方は、ある芸能事務所の第12回の専属モデルオーディションでグランプリを獲得されたことをきっかけにデビューされました。
この専属モデルオーディションは、モデルや俳優という分野で自分の可能性を試してみたい男性が受けるオーディションです。

このオーディションは、グランプリの受賞者には特典があって、イケメン俳優が数多く所属する芸能事務所としても知られた事務所への所属が決定しているのです。
また、あるボーイズ雑誌の誌面での1年間の専属モデルとしての活動も決定しているのです。

まるで、芸能人になるために生まれてきたような方と言ってもいいほどの素敵な好青年が矢口敏和さんですね。この方は、1年間のモデルをなさった後、昨年俳優デビューされました。
この方が俳優デビューされたのが水曜ドラマ枠で2016年10月からある人気女優さんの主演で放送されたドラマでした。この方は、
このドラマの中で印刷会社の礼儀正しくてまじめな好青年営業マン役を演じられました。ちょっとした役でしたが、人気女優の出演する人気ドラマということで、
チョイ役といっても、イケメンの矢口敏和さんには注目が集まりました。

このドラマでこの方は、人気女優さんが演じられている女性が書いた原稿の受け取りのために毎回出版社まで足を運ぶ姿がドラマでは見られています。
この作品では女性から関心を寄せられる役どころという感じで、ドラマの第2話で、徹夜仕事をするメンバーに飲み物と夜食の差し入れを行うという優しさのある、
見ている人がキュンとするような場面も好演されました。

このドラマで評判がよかったこの方は、その後、映画にもご出演されました。これは人気シンガーグループのデビューまでを描いた映画です。
このグループはテレビなどに出演をしていないアーティストとして有名なグループなのですが、デビューするまでのメンバーたちの葛藤などが描写されていて、注目を集めました。

この映画は今年1月に公開された日本映画。で、ダブル主演で話題になりました。この中でこの方は、メンバーの一人を演じられました。
このグループのメンバーは歯医者さんの資格をもち、
ミュージシャンと歯医者の両立をしているという有名な話がありますが、この映画の中で、
どうして両立しなければならないのかが知ることができるということもあってとても話題になりました。