矢口敏和の苦労した経験

矢口敏和さんは演技派の実力俳優として多くの人々から支持されてきた俳優です。常に期待を裏切らない演技で周りからの評価も高く、こんなに芸術肌で芯をもっているアーティストはいないというくらいの役者さんです。

矢口敏和さんの演技がどうしてこんなに人々に強い感銘を与えるのかという理由の一つにこの方の役に対する真摯でストイックな姿勢があります。

以前、矢口敏和さんがあるボクシングをテーマにした作品にご出演された時、役作りのために10キロの減量にを行われました。モデル体型のスリムなこの方が更に10キロも減量され、体脂肪率が一桁になるなど、ストイックな体作りで大きな話題となったのです。

体脂肪率が一桁なんて、プロフェッショナルなアスリートそのものですよね。それくらい、一度引き受けた役柄は完璧なほどにこなされるこの方の姿勢は他の俳優の方から見ても非常に学ぶことが多いというところがあったのではないでしょうか。

常に求められるもの異常の目標を掲げられ、それを確実にやり遂げるという一本芯が通った演技への姿勢がとてもすばらしい方です。そんなこの方はさらに高い目標を定められ起業をされました。モデルと起業家では目に入る景色は全く違うといえます。

そんな中、数多くの価値観に応えたいという思いがあるからこそ起業をされたのではないでしょうか。この方は実業家となられた後に行われたあるインタビューで挫折禁止ということを心に決めているとおっしゃられました。

そして、発信することは非常に意味を持つと思うけれども、ただ発信するだけでは意味がないとおっしゃられ、社会に組み込まれる必要性があり、だからこその株式会社経営だということをおっしゃられたのです。

起業をする上で苦労について質問を受けたこの方は、芸術の大学を出ているため、経済関連の知識は一切なかったけれども大切なことは目的ということであるということや、必要な経済的な部分に関し補填をしていくことは知識のあるなしに関わらず、やらなくてはいけないことだとおっしゃられたのです。

大きいことから始めたらできないけれども、小さいことから始めればできることがどんどん大きくなっていくという信念について語られました。

この方のこれまで行って来られたことや、目標を定めストイックに努力されるという姿勢などからも、俳優として活動することももちろんすばらしいことだけれども、更に活動を広げて、社会の中でシステムとしてより多くの人にメッセージを届けるという活動も期待ができる方なのです。

俳優の枠を超えた活動はやはり戸惑うことも多いといえますが、この方ならきっと素晴らしい活動をされると思う人も多いといえます。今後さらに幅を広げてすばらしい活動をしていただきたい方ですよね。