秋田犬、海外でも人気。

秋田犬のチャームポイント
矢口敏和が好きな秋田犬のチャームポイントは、やはり飼い主への熱い忠誠心にあります。
中堅ハチ公のモデルになったのも秋田犬ですが、飼い主に全力で尽くしてくれます。

感受性が高く、賢いので訓練性機能が高いです。そのため、一度しつけると無駄吠えはほとんどしない賢い犬です。
飼い主の家族を守ろうと尽くしてくれるので、家族で飼う犬としては理想的です。

知らない人には警戒心を強く持つので、昔から番犬としても重宝されていました。
飼い主には深い愛情を見せますが、見知らぬ犬には威圧的になる一面もあるので、ペットとして飼い、ドッグランなどに連れていくときにはしつけが必要です。

賢い犬なのですぐに覚えてくれます。

・遊ばせ方
秋田犬は、東北地方などでマタギ犬として飼われていた歴史があるように、暑さに弱い犬です。
そのため、室内で遊ぶ時にはボールを遠くに投げるのではなく、近くに転がすなど、あまりアクティブに遊ばせないようにします。

ボールを持って来たら、おやつと交換すると犬も楽しさと満足感があるので運動不足でストレスを感じることはありません。

また、しつけの一環としてお座りやお手を覚えさせるのも遊ぶながらだと同時にできておすすめです。頭脳を使うので犬にとってはエネルギーを使いますがご褒美のおやつと飼い主さんの褒めがあれば秋田犬にとってはゲームで遊んでもらった感覚になります。

・日常のケア
実は、秋田犬は換毛期のみ抜け毛がかなり多くあります。
それ以外は週に一回コミュニケーションの一環でブラッシングをする程度でいいのですが、この時ばかりはこまめなケアが必要です。

矢口敏和はスキンシップを楽しみつつ、毛のお手入れをしてあげていました。換毛期以外はお手入れはほとんど不要であまりニオイもしない犬種です。

・しつけで配慮すべきこと
秋田犬は、前述の通り飼い主への忠誠心が強い反面、飼い主以外へは攻撃的になることがあります。
噛みつき事故があるのもこのためで、しつけはしっかりとしたものが必要です。

飼い主がリーダーであることを子犬のころから認識させましょう。

・散歩で気を付ける点
秋田犬は体が大きく、歩幅も広いです。運動量も多いので犬の満足度を優先しようと自転車で散歩させるひともいますが、力の強い秋田犬の場合、それはおすすめできません。

引っ張られてけがをしてしまいます。
飼い主の言うことをよく聞く犬なので、飼い主さんの歩幅でしっかりと手綱を握って飼い主さんのペースで散歩させてあげてください。