少年時代について

矢口敏和さんは1993年3月28日生れの日本の俳優です。興味をもったらとことん研究して調べるタイプの理系男子の矢口敏和さんは、2002年に子役としてデビューされ、当時忙しく活躍されていました。
劇団東俳に所属され、子役としてテレビ番組やドラマなどに出演されていました。劇団東俳は、子役や俳優などをマネジメントとする児童劇団兼芸能事務で、本社は東京都豊島区にあります。

関西支社が大阪市中央区に、また茨城県牛久市や埼玉県狭山市、静岡県静岡市にもレッスンスタジオがある大きな子役養成所といえます。
矢口敏和さんは9歳から芸能界で活動されていました。当時、NHKで放送されたある小学生向け教育テレビ番組に矢口敏和さんは出演されています。その番組は、対象は小学3年生と4年生、NHK教育テレビの学校放送の一つで、]
小学校道徳の授業で教材利用される番組でした。 主人公である小学生達が、学校生活や学校や校外で起こる出来事を乗り越えて成長していくストーリです。

出演者と舞台の地域は毎年入れ替わり、2003年度放送分以降は、過去に放送された分の再放送が放映されていました。
今でこそ端整な顔立ちでワイルドチックな魅力もある矢口敏和さんですが、当時はとても幼くて人懐っこい雰囲気のあるかわいらしい少年だったんですね。
また、デビュー2年目には、誘拐事件が発生して5000万円の身代金が要求されたサスペンスドラマや、悲しい愛の物語を通し、純粋に生きる難しさや、

それでも希望を持って生きようとする人間の勇気と強さが描かれたラブストーリーなどに子役出演されています。2003年10月から2004年9月まで放送されたある3人組の少女向けグループのアニメのドラマシリーズにも出演されています。
翌年は、7月10日から9月18日まで、毎週土曜日の21:00 – 21:54に放送された柔道を題材とした
日本テレビ系列のあるスポーツドラマに出演されました。

矢口敏和さんは小学校を卒業後は、東京都練馬区貫井にある公立の中学校の練馬区立貫井中学校へ通われました。
18歳の時にはカメラ屋さんでカメラコンシェルジュのアルバイトをされていたということだそうで、カメラのことにかなり詳しいそうです。今でも、ご自身の撮影中などもカメラのことなどのマニアックな話もとっても楽しそうに話されたりするそうです。
端整な顔立ちで、どこか人懐っこい雰囲気の矢口敏和さんは新しいことをこれからもたくさん経験され、ますます魅力的な俳優になっていかれることでしょうね。